多様な用途のビニール袋

ビニール

ビニール袋は色々な用途に使っています。特に旅行に行く際のパッキングなどの時は工夫しながら多めに持っていくようにしています。ビニール袋は英語でプラスティックバックというように薬を入れる用途や塗れたサンダルなどをビーチに行く時用に入れる時など旅行前のパッキングでも使用します。
普段の生活でも役に立つ事が多く、犬の散歩の際には必ず持っていきますしプールなどに泳ぎにいく際も数枚バックにいれています。又、甥っ子など子供達が遊びにきた時もちょっと公園に遊びに行く際も持っていくようにしています。家の中で走りまわっていても疲れて体力を消耗した時にちょっと口から出てしまう時もあるのでまとめてすぐ手にとれる所にビニール袋は用意しています。

色々な用途があって助かってもいるのですが、最近では個人的にはエコの気持ちが強くなっているので環境的にはもう少し工夫して良い素材でつくれないかなあ~と思っています。先ほどもスーパーに行ってビニール袋に入れるのを断ってきたのですが、小物の2、3点ならビニール袋を使用しないようにしています。個人レベルで小さいとは思いますがこういう小さい事でも自分の生活内での意識として、塵も積もればになってきます。スーパーでいつもビニール袋を「結構です」と言うと「ご協力ありがとうございます」みたいな事を言われるのですが、協力している訳ではなくて、自分が自分のエコ精神でエコロジーの機会を増やそうとやっている事なので、環境に少しでも良くなれば良いと思っています。

最近ではトートバックのようなものを持っていれば必ず商品はそれに入れるようにして、コンビニでもスーパーでもビニール袋はお断りしています。時にはちょっとした野菜や大掛かりな買い物でない時などにトートバックを持って行ったりも意識しています。もし、自分だけのポリ袋やビニール袋を買うならモロフジという福岡の企業に依頼をすれば、おしゃれな自分だけの買い物袋とかも手に入るかもしれません。

意外と野菜などもトートバックに入れて持って帰った時の方が1人エコの自己満足があってちょっと買い物が楽しく感じる時さえあります。

小分けも出来るが意外な使い方もある

ビニール袋の一般的な使い方といえば、お菓子を小分けしたり小物を入れたりします。
あとは、買ってきた野菜をカットして冷凍したり、肉も同様に小分けして、なるべく平たくして冷凍します。
おもに、食品を分けて収納するためにつかいます。
でも、意外な使い方も出来ます。
例えばお菓子を作るとき、ナッツが必要で砕いて使う場合です。
まな板の上で刻むのは、安定感も悪く刻みにくい上へたをすると手を切りそうです。
そんな時ビニール袋が役に立ちます。
まず、必要な量だけナッツを入れ袋の口を輪ゴムで縛るか手で握っておきます。
破れ予防のために袋は二重がよいです。麺棒で袋の上から叩きます。
何回か叩けば十分だと思います。
これで怪我の心配も汚れもなく楽に作れます。
みんな面倒だなと思われるのが、トンカツなどの衣を付ける料理です。
小麦粉、卵、パン粉の順に付けますが
次の作業にうつるたびに、てを洗わなくてはなりません。とても面倒です。
そこでそれぞれの物を別々のビニール袋に入れます。
そして順番に付けていきます。
こうすれば手も汚れず、むらなく付けることが出来ます。
これだと子供でも上手に出来ます。
唐揚げの下準備の漬け込みも、ビニール袋でやります。
調味料とニンニクや生姜のすりおろしたものをいれ、よく揉み込みます。
あとは、しっかり袋の口を口を閉じて出来上がりです。
唐揚げはニンニクや生姜が入るので
手も臭くなるしボールにも臭いが移りやすいです。
ビニール袋ならその心配は要らないので助かります。
魚を塩麹に浸ける時も重宝します。
ビニール袋に入れると均一になじみます。特に取り出す時袋で押さえなから出すと、余分な麹が付かずきれいに焼けます。
料理だけでなくもっと意外な使い方が有ります。
みんな換気扇の掃除は嫌だと思います。油汚れでベタベタになっているので触りたくないと思います。
そこで、厚手で大きめのビニール袋を2枚用意します。
換気扇を外し熱いお湯をかけ油を落ちやすくします。
次に洗剤をかけビニール袋に入れ口をしっかりしめます。これをもうひとつの袋に入れ 、その中にお湯を流し込みます。漏れないようにしっかりしめ置いておきます。
時間が経ったらお湯を捨て、ビニール袋から換気扇を出し洗います。
ビックリするぐらいよく落ちます。
ビニール袋といってもいろんな使い方があり便利です。

髪染めにビニール袋が大活躍

私のビニール袋の活用法は髪染めです。
若い時から白髪が生えていて子供の頃からいつも染めていました。
美容院に毎月通うとお金もかかるので、毎月自分で自宅で染めています。
以前はケープがついていた髪染めの商品もありましたが最近はそのような商品がなくなってしまいました。
100円均一でケープを購入してもいいのですが、汚れを落としてからまたしまっておくのが面倒です。
私のように、毎月髪染めをしている人は結構面倒だと思っているのでは
ないでしょうか?
そこで、スーパーのビニール袋に目をつけました。
これだとほとんどがタダでもらえますし(店舗によっては5円~10円払うところもありますが)
ケープ代わりとして再利用でき、汚れたらそのままゴミに捨てることもできます。
ケープの作り方はとっても簡単です。
スーパーなどのビニール袋少し大きめとハサミを用意するだけです。
袋の片側だけを真ん中から切ります。そこまで付いたらそこをビニール袋が
1枚状になるように底を両側へ切ります。これだけです。
あとは、持ち手の部分を首のところで結び、髪を染めるだけです。
ビニール袋なので首のところで結ぶときには緩く結んだほうが安全です。
その後このビニール袋ケープが更に活躍します。
髪を染め終わったらそのままビニール袋を頭にかぶせておきます。
そうすると頭の熱がビニール内に溜まり染まり具合がとても良くなります。
一石二鳥なのです。
ビニール袋は、ほぼ無料で使えて髪染めの効果もアップしますので本当にお得です。
母も時々自分で髪を染めているのでこのビニール袋ケープの事を教えてあげたら、
この方法が気に入ったようでいつもこの方法で髪染めをしています。
ちょっと気になるところは、ビニール素材なので首のところの結び方に注意しなければなりませんが
その解決策としては、洗濯バサミで抑えたり、髪留めクリップなどで抑える方法を
取れば安全だと思います。
この方法を知らなかった方にはぜひ試してもらいたいです。

オムツにぴったりのビニール袋

乳幼児と一緒に外出した時にいちばん困る荷物、それは使用したオムツではないでしょうか。離乳食が始まる前まではチーズのようなお米のような何とも良い匂いだったうんちも、離乳食がスタートすると、一気に大人のような臭いに変わってしまいます。一部のショッピングモールなどではオムツが捨てられるようにゴミ箱が備え付けられていますが、大抵、自分でオムツごみを持ち帰らなければいけません。
そんなときに活躍するのがビニール袋です。ビニール袋にいれるだけで臭いはかなり軽減されます。しかしポリエチレン製の普通のビニール袋は空気を通す性質があるため完全シャットアウトはできません。おしっこの場合なら十分ですが、うんちだと少し不安です。
オムツ用の消臭ビニール袋も市販されていますが、ポイントとなるのはその素材です。ポリエチレン製の一般的なビニール袋は空気を通しますが、ポリプロビレン製のものは空気を通さない性質があります。ポリプロビレン製の消臭袋を購入するのも一つの手ですが、使用する頻度が少なかったり、ためしにポリプロビレン製を使用してみたい方におすすすめなのが、食パンの袋です。
スーパーで食パンのコーナーに行っても、パンの匂いって全くしませんよね。食パンを購入して、家に帰って、封を開けてはじめてパンの匂いがします。そう、食パンの袋はポリプロビレン製なので、空気を全く通さないということなのです。
オムツの臭いにお困りの方、大容量の消臭ビニール袋の購入を検討をしている方、まずは食パンの袋で試してみてはいかがですか。
また使用するシーンによってビニール袋を使い分けるのも手ですね。とあるママタレントが紹介していたのは、傘袋。雨が降った時、お店に入る前に傘を入れるあの細長いビニール袋です。使用したオムツを小さくまとめて傘袋に押し込み、ギュッと縛って結び目をつくっていくことで、4つくらいのオムツが入ります。コンパクトにひとつのゴミにまとまるので長時間の外出に向いています。いろいろなビニール袋を利用して、オムツ替えも子育ても、楽に便利に楽しみましょう。

ビニール袋の汎用性は異常

ビニール袋って本当に便利だと思います。
買い物にいったときはほとんどのところがお買い物袋としてビニール製の袋をくれますし、
お肉のパックをつめるときも中のお汁がこぼれないように取っ手のついていないタイプの小袋を入手できます。

そんなどこででも簡単にゲットできてしまうものですが私たちの日常にはなくてはならない存在です。
見た目以上に丈夫な構造をしているのでついいろんなものを詰め込みたくなります。

たとえば読み終わった雑誌を入れておいたり、使えなくなった電球が電池を入れるものとして使用していたりします。
人によっては土や肥料をいれてちょっとした家庭菜園を楽しんでいる人もいるようです。

さらに料理の際には手を汚さないようにビニール袋にお肉や調味料をぶっこんで
フリフリとシェイクするといった使い方もできます。

農家なんかでは黒いビニール袋を切って広げたものを棒にくくりつけて動物を寄せ付けないようにしています。
田舎にいくとよく田園風景の中で見られる光景です。

また、子どもの工作なんかのときにも役に立ちます。
先日もハロウィンがありましたが、そのときにもお化けの衣装を作る際に黒いビニール袋を使って
作成したことがありました。

あとニュースで見たのですが、ホームレスの方が暖を取るために新聞紙をビニール袋の中につめて
そこに脚をつっこんで布団代わりにしていたりもするみたいです。

そして最近はゴミ袋を有料化している自治体もありますが、私の住んでいるところだと普通に
スーパーのレジ袋を利用してゴミを捨てることができるのでその際にも大助かりです。

まあ有料のものは色がついていたり多少材質が厚くなっていたりして使いやすいというのはありますが、
当面は無料のもので充分だと考えています。

このようにビニール袋はあらゆる場面で活用できる、非常に汎用性の高い優れものなのです。
コンビニでもらったあとでよく捨てる人を見かけますがとんでもありません。
積極的に貯めこんでいろいろなものに有効活用していきましょう。

水や油や汚れから守るビニール袋の利用方法

普通に生活を送っているとビニール袋はすぐに手元に集まってきますよね。買い物をしたら必ず1枚、2枚は使いますので仕方がないでしょう。大量にビニール袋が溜まって来ると邪魔ですし、どうしようかと悩んでしまう人もいると思います。でもこのビニール袋はなかなかバカにできないほど利用できるので、捨てずに取っておくに限ります。それではビニール袋の利用方法をご紹介します。
まず、一つ目はビニール袋が水を弾くところに注目しましょう。常にカバンに忍ばせておくと雨が降った時に助かります。大事なカバンの中身が雨で濡れると困りますよね。ビニールでくるんでいればそのようなことは起こりません。自転車で通勤・通学している人は持っておきましょう。ゴム手袋の代わりにもなりますので、ちょっと面倒ですが手を濡らさずに洗い物をするときにも役立ちます。水を通さないビニールの機能を利用してこのような時にお使いください。
二つ目は油汚れから手を守ります。油を使った料理をする時は手がねちゃねちゃとして、いくら水で落とそうとしても落ちないということはありませんか。洗剤で落としてもなかなか落ちずお湯でゴシゴシ擦ってやっと落ちます。これでは汚れを落とすのに手間がかかって仕方がないです。そんな時はビニール袋越しに料理を混ぜましょう。例えばハンバーグの具を作る時などは手でコネコネしなくてはいけません。こう言ったときにビニール袋をご活用ください。最初から油を触らなければ手がねちゃねちゃすることはありません。こういった料理の時にも活躍するのがビニール袋の良さです。
三つ目は汚れから手を守ってくれます。キッチン周りやお風呂周りの汚いところを掃除する時に汚ないものに直に触りたくない時ってありますよね。そんな時はビニール袋を使いましょう。汚れからきちんと手を守ってくれるので、なるべく清潔な状態で掃除をすることが出来ます。このようにビニール袋の利用方法は多様にあります。水や油や汚れからあなたの素肌や大切なものを守ってくれるので、是非使ってください。

ビニール袋の有効活用

最近ではエコバックや買い物かごなど、持参して買い物する人も増えました。昔は買い物をすれば多めにビニール袋を入れてもらえ、必要なければビニール袋不要カードを入れて清算していました。今ではビニール袋が必要な場合にカードを入れ、ビニール袋代も一緒に清算するようになり自宅へビニール袋を持ち帰る事が少なくなりました。しかし、自宅でもビニール袋は何かと必要になります。ゴミ袋として使ったり不要な物をひとまずまとめて置いておいたりと、様々な方法があります。こんな所にビニール袋があると便利な所を紹介します。

1、 キッチンのシンク台
キッチンには既にゴミ箱が置いてある家庭があると思います。鍋を混ぜながら野菜を切り洗い物をすませるとなると、意外とキッチンの中を行き来します。丁度良い場所にゴミ箱があればいいですが側にあると邪魔になるし、かといって遠いと不便です。多少離れていても投げ入れれば入るかもしれませんが、蓋がないと匂いが気になります。そこでキッチンのシンク台に小さなカゴを作り、少し大きめのビニール袋をかぶせます。野菜の切れ端や、ちょっとしたゴミを捨てるのに非常に便利です。流しの三角コーナーに捨てる方法もありますが、掃除をしないとニオイやカビがついて不衛生です。シンクにビニール袋をセットし料理を作る度に捨てられ、ニオイも残りません。

2、 洗面所や脱衣所
洗面所にビニール袋は必要ないように見えますが、意外とゴミが出てきます。排水溝にたまった髪の毛や、洗濯機に残ったゴミを捨てるのに丁度良いです。洗面上や脱衣所には直接触るのが嫌な物が多いので、ビニール袋を手にかぶせたら汚れずに済みます。触るのも躊躇してしまうところでも、ビニール袋1枚あれば触れる事が出来ます。

3、 外出時
外出時にゴミを捨てたい時にゴミ箱が無い時があります。その時にビニール袋を鞄の中に入れておけば、ひとまずゴミを袋にいれる事ができます。そうすれば鞄の中が汚れませんし、ゴミ箱が見つかるまで手に持たなくても済みます。ゴミをそのまま道に捨てるような許しがたい行為を減らす為にも、ビニール袋を1枚もって外出すれば気持ちよく過ごせる事が出来るでしょう。

ビニール袋の使い道は多岐にわたる

スーパーやコンビニでの買い物は日常生活の中でよく行います。最近ではエコのために買い物かごを持参して行く方もいますが、そうではない方は貰った後のビニール袋はどのようにしているでしょうか。まさか使い終わった後はそのまま処分なんてことはしていませんよね。まずゴミを処分するための袋に使っている人は多いでしょう。ゴミ箱にセットしておけばゴミ捨てが楽になるので活用できます。それから車内に置いておいてもゴミが出来た時に役立ちます。このようにビニール袋はゴミ袋になります。ただ使い道はこれだけではありません。
ビニール袋を置いておくと、実は「掃除」をするときにすごく役立ちます。ビニール袋のビニールは脂取り紙と同じような働きをします。油を吸着してくれるという特徴があります。その作用を利用してビニール袋を食器の油汚れ落としに使いましょう。なかなか取れない油汚れを落としたり、料理の途中で零れた油をサッと拭き取ったりするのに役立ちます。ビニール袋は油と相性が悪そうですが、しっかり吸着して拭き取りやすいので利用してみてください。
またお風呂のこびり付いた湯アカもしっかりと取ってくれます。中性洗剤を用いてビニール袋で気になる油アカをクルクルと円を描く動作で洗うと湯アカが落ちてくれます。お風呂を洗うためのスポンジは洗剤を吸収していしまいますが、ビニール袋は吸収しません。吸収しないと汚れ落ちは悪そうに思いますが、逆にその方が漂白力は上がりますので、オススメします。同様にガスコンロやIHの落ちにくい汚れにもご活用ください。
このようにビニール袋はお掃除をするのにすごく役立つものです。下手にすぐに捨ててしまって勿体ないことはしないで、活用できるときのために取っておきましょう。あって損することはありませんので、スーパーやコンビニで貰ったビニール袋は必ず活用するようにしてください。せっかくの資源は出来る限り活用して無駄なく使いましょう。このようにビニール袋の使い道は多岐に渡りますので、これを参考にして利用してください。

溜まっていくビニール袋の活用法

スーパーで買い物に行った時やデパートで買い物をした時にもらうビニール袋。
買ったビニール袋。
どんどん溜まっていきますよね。

色々な活用方法があるので
捨ててしまうのはもったいないと思います。

私が実践しているビニール袋活用方法、収納方法をご紹介します。

収納方法
我が家では
空のティッシュペーパーボックスを利用しています。
ティシュペーパーの大きさに大体でいいので畳みます。
ティッシュと同様に半分重ねて交互に重ねていけば
ティッシュと同じような使い方で邪魔にならずに収納出来て大変便利です。

では続いて
活用方法です

意外な使い道が色々あります。
まずお料理に使います
こちらは衛生的に買ったビニール袋を使っていますが
唐揚げ、ハンバーグ、タンドリーチキン、漬物等
材料の混ぜ合わせるのに活用します。
洗い物も少なく済むし、味もまんべんなく染み込みます。

お掃除にも使えますよ。
こちらはスーパー等でもらったレジ袋を使用します。
ビニール袋に油を吸収する性質があります。
それを利用し、ビニール袋を使いやすいように切って
台所に置いておきます。
ガスコンロ等、調理中に油が跳ねてしまう事ってよくありますよね。
ベタベタが残ってる時、拭くと綺麗になります。

ビニール袋は洗剤を吸収しませんので
洗剤を吸収してしまうスポンジや雑巾と違って
より効果を発揮すると思います。
濃く使えると言えば分かりやすいでしょうか?
キッチンのシンクや、お風呂の床掃除等に活用しています。

見た目はちょっとあまり良くないですが
自転車のサドルにも使ってます。
雨に濡れたり、汚れるのを守ってくれます。

ペットと一緒にお住まいの方々は
お散歩中のトイレの後始末や
ちょっとしたペットのおやつ等入れておくのも便利ですよね。

お化粧直しにも活用出来ますね。
化粧を落とさずに油だけを取ってくれます。

ビニールを雪の日の靴の中に入れて履くだけでも
暖を取れますね。

ゴミ捨てに使っている方が大半だと思いますが
もし大量に余ってて捨ててしまっている方がいたら
これだけ色々と使えるビニール袋ですので
色々活用してみて頂きたいと思います。

わたしのビニール袋、タイプ別活用法

ビニール袋って、気を抜くとすぐに溜まってしまいますよね。その上、スーパーでもらうような大きめサイズの袋となると、たたんでも割と大きく、
数が増えると収納にも困る。最近まで私もそんな状態でした。「使いたいときにちょうど良いサイズが見つからない!」と。。

しかし最近は、ビニール袋の形状ごとに使い道を決めておくことにしました。
例えば、スーパーでもらう半透明の大きめのビニール袋。
これは、主にリビングや台所などのしっかりした家庭ごみ用に使います。ごみ袋っていざ買うとなると10枚入りでも結構高いですよね。
ビニール袋を使うことで、節約にもなるし、サイズも大きすぎないので頻繁に捨てられ、においの予防にもなります。

コンビニで飲み物やお菓子を買ったときにもらうような、小さめのビニール袋は、
主に台所の生ゴミと、車内のゴミ箱に使います。このサイズの袋はすぐに溜まってしまうので、
生ゴミのような頻繁に取り換えたい場合に最適です。
小さいビニール袋は、大きいサイズとは別のボックスに入れて保管しています。
我が家の場合は、台所の流しの下にストック。車内では、フロントボックスに何個か保管しています。
使う場所のそばにすぐに取り出せるような状態にしておく。「頻繁に取り換えるなら苦労したくない」からですが…(^^;)

意外と使いにくいのが、パン屋さんでもらうような、
取っ手が穴になっているビニール袋。スーパーの袋のように、上の部分を結ぶことができないので、家庭ゴミのような場合には不向きです。
我が家は、このようなタイプは、缶や瓶、ペットボトル用として使っています。
近所のゴミ捨て場では、アルミ缶だけ別にして捨てるのですが、口の部分が広いので中が確認しやすく、
ゴミ捨て場に行ってから分別するのもこれなら簡単です。
あとは、ご近所さんに送られてきた果物などをお裾分けするときにも、スーパーの袋に入れて渡すよりは、
こういうタイプのほうが皺も出来にくく、見た目にも良いように思います。